地域ニュース

永川さんと梵さん 三次で引退式

2019/12/14
三次少年野球クラブのユニホームに袖を通し、感謝を伝える永川さん(手前左)と梵さん(同右)

三次少年野球クラブのユニホームに袖を通し、感謝を伝える永川さん(手前左)と梵さん(同右)

 ことし現役を引退した、広島東洋カープの元投手で来季からカープの2軍投手コーチに就任する永川勝浩さん(39)と、元内野手梵英心さん(39)の引退セレモニーが14日、2人の古里である三次市のみよし運動公園野球場(東酒屋町)であった。2人は地元のファンに感謝を伝えるとともに「恩返しがしたい」と笑顔を見せた。

 来場した約500人がスタンドから見守る中、永川さんと梵さんは小学生時代に入っていた三次少年野球クラブの当時の監督・中森務さん(82)とコーチ・今田忠男さん(80)から花束を受け取った。続いて同クラブのユニホームに袖を通し、現メンバーの子どもと試合形式で交流。同球場には2人の活躍をたたえる記念プレートも設置された。

 永川さんは「三次の河川敷で梵君と小さい頃から練習してきた。今まで応援してくれてありがたかった。来季からはカープの若手育成に励み、オフには帰省して子どもたちと楽しく野球をやりたい」と述べた。梵さんも「三次は野球を始めた特別な場所。古里の子どもたちがプロになるためにサポートできることがあれば、全面的に協力して恩返しがしたい」と強調した。

 永川さんと梵さんの同級生たち約30人でつくる実行委員会の主催。同クラブで2人とプレーした細川頼三実行委員長(39)=三次市=は「2人は三次の誇り。寂しい気持ちは強いが、三次に恩返しすると言ってくれてうれしい。これからも応援したい」と話していた。(八百村耕平)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • ひろしま男子駅伝 バナーでPR

     来年1月19日にある天皇杯第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(ひろしま男子駅伝=日本陸連主催、中国新聞社、NHK共催)をPRする懸垂幕(バナー)が14日、広島市中区の平和大通りなどコース沿いに...

  • 平和の池 ガラス説明板が破損

     平和記念公園(広島市中区)の原爆慰霊碑そばにある「平和の池」に設置されたガラス製の説明板1枚が割れていることが14日、分かった。広島市は10日に来園者の通報で把握しており、原因を調べている。 池の底...

  • 基町アパート 若い世代の入居増

     広島市中区の市営基町アパートで、若い世代の入居が増えている。市が地域活動への協力を条件に収入の制限をなくすなど、40歳未満の人たちを呼び込む特例制度を設けたのがきっかけ。今年4月以降に12戸の計15...

  • 比の紛争 JICA研修員ら報告

     平和の大切さを考える「HIROSHIMAピーストーク」が14日、大竹市の玖波公民館であり、フィリピン出身の国際協力機構(JICA)研修員と広島大の留学生たち5人が、母国の紛争などの現状を報告した。

  • 永川さんと梵さん 三次で引退式

     ことし現役を引退した、広島東洋カープの元投手で来季からカープの2軍投手コーチに就任する永川勝浩さん(39)と、元内野手梵英心さん(39)の引退セレモニーが14日、2人の古里である三次市のみよし運動公...