地域ニュース

広島市議を在宅起訴 広島地検 政調費371万円の詐欺罪で(2017年12月23日掲載)

2019/12/24 12:10
自宅前で報道陣の取材に応じる熊本市議(右)

自宅前で報道陣の取材に応じる熊本市議(右)

 人件費名目で虚偽の領収書を所属会派に提出し、政務調査費(現在の政務活動費)計371万5千円をだまし取ったとして、広島地検は22日、広島市議会の熊本憲三市議(54)=安芸区=を詐欺罪で在宅起訴した。

 起訴状などによると、熊本被告は副議長だった当時を含め、2011年8月から14年3月までの間、女性4人を雇用した事実がないのに給料を支払ったとするうその領収書を、副議長室などで計31回にわたり所属会派の職員に提出し計321万5千円を詐取。さらに、14年4月から15年1月までの間、同様に4人のうち1人を雇用したとして計7回にわたり計50万円をだまし取った疑い。熊本被告は中国新聞の取材に不正を否定している。

 熊本被告は、今年7月、広島県警に詐欺容疑で書類送検されていた。捜査関係者によると、女性4人は県警の調べに「働いていないし、給料ももらっていない。(領収書は熊本市議に)頼まれて書いた」との趣旨の証言をしていたという。

 熊本被告は書類送検後に開かれた市議会の各派幹事長会議で、不正はないと全面否定。一方、10月にだまし取ったとされる371万5千円を市に返還した。中国新聞の取材に、「不正はしていないが、領収書の内容を確認しなかった道義的な責任から返還した」と説明していた。

 熊本被告は1993年の補選で初当選し、現在7期目。13年6月から15年5月までは副議長を務めていた。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧