地域ニュース

建物の高さや屋外広告規制

2020/1/1 19:01

 廿日市市は4月、宮島口一帯の景観向上へ、二つの条例を施行する。建物の高さ、屋根の形、外壁の色などに統一感を持たせ、世界遺産の島の玄関口として雰囲気づくりを進める。

 対象はJR宮島口駅周辺の18ヘクタール。エリア内を3区画に分けて規制の強弱を付ける。例えば同駅からフェリー桟橋までの一帯は、建物の高さを13メートルに規制し、屋根は緩やかな「勾配屋根」にしてもらう。外壁もベージュや茶色など暖色系に。

 屋外広告への規制も強める。一部のエリアでは、貸し看板の設置や、窓にポスターなどを張る「窓広告」も禁じる。また全18ヘクタールで屋上看板は禁止する。

 いずれも建物や屋外広告物を新設、増設、修繕などする場合に対象となる。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧