地域ニュース

山口県最大の無印良品オープン

2020/1/1
豊富な品ぞろえを誇る「無印良品」の新店で買い物を楽しむ家族連れたち

豊富な品ぞろえを誇る「無印良品」の新店で買い物を楽しむ家族連れたち

 生活雑貨「無印良品」で山口県最大の店が、山口市のゆめタウン山口にオープンした。売り場面積は1034平方メートル。中国地方でも福山市の店に次ぎ2番目の規模となる。
(ここまで 81文字/記事全文 253文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • アニメで府中町の魅力PR

     広島県府中町は、町の魅力をPRするアニメを制作する。同町出身で町PR大使の漫画家田中宏さんがデザインを手掛ける。3月に公開する予定。

  • 悪路もスムーズCX―5を改良

     マツダは、スポーツタイプ多目的車(SUV)CX―5を一部改良して受注を始めた。雪道やぬかるみなどの悪路でも走りやすい機能を追加。新たな装飾品セットも用意した。1月17日から納車する。

  • 原爆惨禍伝える遺品カレンダー

     広島県内の教職員たちでつくる広島平和教育研究所(広島市東区)は2020年度版の「ヒロシマ平和カレンダー」を作製した。原爆資料館(中区)が所蔵する原爆犠牲者の遺品の写真などを載せ、平和の大切さを伝えて...

  • 三次花火フォトの受賞作発表

     三次市観光協会(三次市十日市南)は、昨年9月に市中心部であった「みよし市民納涼花火まつり」のフォトコンテストの最優秀賞に、同市君田町の才田孝さん(64)の作品「水道橋からの花火遠景」を選んだ。コンテ...

  • 英文手紙の教室 東和中生に30年

     山口県周防大島町伊保田の大沼伸彦さん(63)が30年間、東和地区の中学生を対象に英文手紙教室を開いている。島の子どもたちに国際感覚を養ってもらおうと、油田郵便局長時代の1990年からほぼ毎年開催。昨...