地域ニュース

B2広島の稲吉オーナーに聞く チームづくりの方針は(2019年05月15日掲載)

2020/1/3 22:47
「B1昇格は時間の問題。そこが目標ではなく、千葉のような常勝チームにする」と決意を語る稲吉氏

「B1昇格は時間の問題。そこが目標ではなく、千葉のような常勝チームにする」と決意を語る稲吉氏

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)広島が来季に向け、フロント整備とチーム編成を進めている。昨年12月に株式の約98%を取得してオーナーとなったNOVAホールディングス(東京都港区)の稲吉正樹社長に、その方針を聞いた。

 ―シーズン途中のオーナー就任でしたが、外国人選手の補強やフロントの人員増強を手掛けました。

 まず現状を理解することから入ったので、何ができたかというと、あまりできなかった。そこで見えたのは選手が商品であり、そこにしっかり投資しないと駄目だなということ。

 ―それを踏まえ、どういう方針でチームづくりを進めますか。

 (B1昇格を逃し)本当に悔しかったので、根性を見せる。今いる選手とミックスし、B2のオールスターと言えるようなチームを実現したい。資金面も含めて全面的にバックアップする。

 ―フロントの課題をどう見ていますか。

 スポンサーや後援会企業、ファンの方が本当に優しく、そこに甘えていると感じた。甘えをなくし、満足度を高めるようにしたい。またクラブ側からの情報発信が足りない。例えば選手がどんなことを考えているかなど、情報発信は最低限しっかりやりたい。

 ―経営面で取り組みたいことは何ですか。

 地元企業に株式を持っていただくことを考えている。より親近感を持っていただける仲間が増えると思う。(割合は)連結の範囲にとどめることを前提に、相談して決めたい。

 ―ファンやスポンサーはクラブが今後も広島で根付くことを願っています。

 最初からそういう覚悟でいる。チームは私が考えていた以上に愛されていると感じる。皆さんに甘えず、自分たちが最強のチームをつくり、結果、愛されるというサイクルにしたい。(日野淳太朗)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧