地域ニュース

【メモ】アシアナ航空機事故とは(2016年11月25日掲載)

2020/1/10 11:37

 2015年4月14日午後8時5分ごろ、ソウル発アシアナ航空162便エアバスA320が広島空港に着陸する際、通常より低い高度で進入し、視界不良時に航空機を自動操縦で誘導する高度計器着陸装置「CAT―III」の無線施設に衝突。滑走路を外れて停止した。乗客乗員81人のうち乗客26人と乗員2人が負傷した。無線施設は同年9月に復旧した。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧