地域ニュース

広島県「MICE」建設の見送り表明 巨額投資困難と決断

2020/1/17
県営広島西飛行場跡地(広島市西区)

県営広島西飛行場跡地(広島市西区)

 広島県は17日、県営広島西飛行場跡地(広島市西区)に見本市や国際会議など「MICE(マイス)」が開ける施設を建設する計画について、着手を見送ると表明した。収支が成り立たないリスクがある中での数百億円に上る巨額投資は困難で、国内の大都市との競争に勝つのも厳しいとみて、決断した。

 県都市圏魅力づくり推進課の岡田浩二課長が、県議会総務委員会で「現時点で10ヘクタールを超える大規模展示場の着手は見送る」と説明した。西飛行場跡地で市と計画し、いったん休止していた多目的スポーツ広場の整備などの大型事業を速やかに再開する考えも示した。

 県は、西飛行場跡地をMICE施設の建設候補地とした2018年12月の広島商工会議所の提言を受け、実現可能性を検討した。19年6月、外資系コンサルタントに約2千万円で委託。展示面積が20ヘクタール以上の超大規模施設と、10〜20ヘクタールの大規模施設について、運営体制や採算性などを探った。

 その結果、超大規模施設の実現は「困難」と判断。大規模施設への参入余地はあるものの、大きなリスクを負ってまで行政や民間が巨額投資に踏み切るのは難しく、東京や大阪などとの競争に勝つのは厳しいと結論付けた。(村田拓也)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 伴走車両がコース試走 ひろしま男子駅伝19日号砲

     天皇杯第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(ひろしま男子駅伝=日本陸連主催、中国新聞社、NHK共催)は19日午後0時半、広島市中区の平和記念公園前を発着点とする7区間48・0キロのコースである。...

  • 広島県「MICE」建設の見送り表明 巨額投資困難と決断

     広島県は17日、県営広島西飛行場跡地(広島市西区)に見本市や国際会議など「MICE(マイス)」が開ける施設を建設する計画について、着手を見送ると表明した。収支が成り立たないリスクがある中での数百億円...

  • 被服支廠「2棟解体」に反対60% 広島県の意見公募

     広島県は17日、広島市内最大級の被爆建物「旧陸軍被服支廠(ししょう)」(南区)で実施した意見公募に、延べ2232人が応じたとの速報結果を明らかにした。県が「2棟解体、1棟の外観保存」とした安全対策の...

  • 最も遅い初雪更新 スキー場や除雪業者などに打撃

     記録的な暖冬の影響で、広島県北部を中心に除雪に携わる事業者やスキー場などへの影響が広がる。恒例の雪合戦イベントの関係者も気をもむ。県内は17日、最も遅い初雪の観測日の記録を85年ぶりに更新し、当面の...

  • センター試験の会場準備整う 広島修道大など県内16大学

     18、19日に実施される大学入試センター試験を前に、会場となる広島県内の16大学では17日、教職員が準備作業に追われた。県内では昨年に比べ334人少ない1万4489人が試験に臨む。