• トップ >
  • 地域ニュース >
  • アーカイブ >
  • 自民の岸田政調会長「国民も説明十分と思っていない」 河井克行氏と案里氏の釈明について(2020年01月21日掲載)

地域ニュース

自民の岸田政調会長「国民も説明十分と思っていない」 河井克行氏と案里氏の釈明について(2020年01月21日掲載)

2020/1/20 23:16
定例会見で話す岸田政調会長(20日午後4時40分、撮影・浜岡学)

定例会見で話す岸田政調会長(20日午後4時40分、撮影・浜岡学)

 自民党の岸田文雄政調会長(衆院広島1区)は20日の記者会見で、公選法違反(買収)疑惑を巡る河井克行氏と妻の河井案里氏の釈明について「国民も説明が十分と思っていないだろう」と述べた。

 河井夫妻は、詳しい事情を話せない理由として捜査への影響などを挙げている。岸田氏は「(本人らも)説明が十分ではないという認識を持っているのだろう。ぜひ今後しかるべきタイミングで説明責任を果たすのが大事ではないか」との考えを示した。

 立憲民主党など野党は夫妻の責任を追及する姿勢を確認し、衆参両院の政治倫理審査会に呼んで説明を求める方針でいる。岸田氏は「どのような形で議論するかは国会でしっかり判断しなければならない」とした上で「できる限りの説明責任を果たし、国民の政治に対する信頼を回復するのが大事」と強調した。(下久保聖司)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧