• トップ >
  • >
  • 広島中央署での窃盗事件関連の広域詐欺事件で被告に追徴金9229万円など求刑

トピックス

広島中央署での窃盗事件関連の広域詐欺事件で被告に追徴金9229万円など求刑

2020/1/23 17:35

広島中央署

 広域詐欺事件で詐欺と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)の罪に問われている住所不定、無職中山和明被告(36)の公判が23日、広島地裁であり、検察側が懲役8年、罰金300万円、追徴金9229万円を求刑して結審した。判決は3月4日の予定。被告の関係先から広島県警が押収し、広島中央署で保管していた8572万円は盗まれたままで、県警は穴埋めのため、幹部らから全額を集めている。判決で追徴が命じられ、確定した場合は被害者救済の原資に充てる。
(ここまで 213文字/記事全文 726文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事