地域ニュース

印象派を分かりやすく紹介 「いろは展」広島で開幕

2020/1/25
詳しい解説パネルを交え、印象派とは何かに迫る「印象派のいろは展」(撮影・山本誉)

詳しい解説パネルを交え、印象派とは何かに迫る「印象派のいろは展」(撮影・山本誉)

 「印象派のいろは展」が25日、広島市中区のひろしま美術館で始まった。国内屈指の近代西洋美術コレクションを誇る同館が所蔵する100点余を展観。解説パネルを交え、印象派を分かりやすく紹介している。

 19世紀後半フランスで生まれた印象派は、旧来の写実表現から離れ、身近な日常を心のままに描いた。会場にはモネやルノワールらが大胆な筆触で描いた明るい風景画や裸婦像が並ぶ。

 印象派に影響を与えたマネ、ポスト印象派と呼ばれるセザンヌやゴッホらの名画もそろう。西洋美術を受容した近代日本画や日本洋画も。来場者は年表や時代背景などが詳しく説明されたパネルを目で追いながら、熱心に鑑賞していた。

 同館と中国新聞社などの主催。3月22日まで。(森田裕美)

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 河野防衛相、海自呉基地を初視察 隊員激励と現状確認

     河野太郎防衛相は25日、呉市の海上自衛隊呉基地を初めて視察した。隊員の激励と部隊の現状確認が目的という。 河野防衛相は旧海軍の呉鎮守府庁舎だった海自呉地方総監部第1庁舎の前で、隊員約250人に訓示。...

  • 印象派を分かりやすく紹介 「いろは展」広島で開幕

     「印象派のいろは展」が25日、広島市中区のひろしま美術館で始まった。国内屈指の近代西洋美術コレクションを誇る同館が所蔵する100点余を展観。解説パネルを交え、印象派を分かりやすく紹介している。 19...

  • 上田宗箇・敵将の子孫が対談 大坂夏の陣の死闘紹介

     茶道上田宗箇(そうこ)流の祖で広島ゆかりの武将茶人上田宗箇は1615年、大坂夏の陣で敵将塙(ばん)団右衛門を討ち取り、勇名をはせた。25日、両者の子孫が広島市中区のひろしま美術館で対談し、それぞれの...

  • 河井夫妻疑惑 宮沢洋一氏「ほとんど説明されていない」

     自民党広島県連の宮沢洋一会長(参院広島)は25日、公選法違反(買収)を巡る自民党の河井克行前法相(衆院広島3区)と妻案里氏(参院広島)の疑惑について「ほとんど説明されていない。自分の口で知っている事...

  • 広島に初の女子中学ラグビークラブ 競技人口増目指す

     昨秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の盛り上がりを追い風に、広島県内で初めて、女子中学生を対象としたラグビーのクラブチームが誕生した。ジュニア世代から県内で競技に取り組める環境を整え、競技...