地域ニュース

上田宗箇・敵将の子孫が対談 大坂夏の陣の死闘紹介

2020/1/25
大坂夏の陣の後に先祖がたどった歴史を語る上田さん(手前)と桜井さん(撮影・高橋洋史)

大坂夏の陣の後に先祖がたどった歴史を語る上田さん(手前)と桜井さん(撮影・高橋洋史)

 茶道上田宗箇(そうこ)流の祖で広島ゆかりの武将茶人上田宗箇は1615年、大坂夏の陣で敵将塙(ばん)団右衛門を討ち取り、勇名をはせた。25日、両者の子孫が広島市中区のひろしま美術館で対談し、それぞれの家がたどった歴史を紹介した。

 後の広島藩主、浅野長晟(ながあきら)に仕えた宗箇は、樫井(現大阪府泉佐野市)で敵の豊臣方を待ち伏せ。猛将として知られた団右衛門を死闘の末に倒した。上田流16代家元の上田宗冏(そうけい)さん(74)は「関ケ原の戦いで負けた宗箇には家運を懸けて臨む復活劇だった」と説いた。この武功もあり、上田家は同藩家老として江戸時代を生き抜いた。

 一方、団右衛門の長男は桜井氏を名乗り、浅野氏の前に広島を治めた福島正則に仕えた。福島氏が広島を追われた後も残り、たたら製鉄を営んだ。原材料を求めて現在の島根県奥出雲町に進出。子孫は松江藩の保護を受け、隆盛を極めた。14代当主の桜井誠己(しげき)さん(69)は「広島や上田家とは不思議な縁を感じる」と話した。

 対談は、3月に上田流和風堂(西区)で両家ゆかりの武具や茶道具を特別公開するのを記念して企画した。和風堂と中国新聞社の主催。(城戸良彰)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 河野防衛相、海自呉基地を初視察 隊員激励と現状確認

     河野太郎防衛相は25日、呉市の海上自衛隊呉基地を初めて視察した。隊員の激励と部隊の現状確認が目的という。 河野防衛相は旧海軍の呉鎮守府庁舎だった海自呉地方総監部第1庁舎の前で、隊員約250人に訓示。...

  • 印象派を分かりやすく紹介 「いろは展」広島で開幕

     「印象派のいろは展」が25日、広島市中区のひろしま美術館で始まった。国内屈指の近代西洋美術コレクションを誇る同館が所蔵する100点余を展観。解説パネルを交え、印象派を分かりやすく紹介している。 19...

  • 上田宗箇・敵将の子孫が対談 大坂夏の陣の死闘紹介

     茶道上田宗箇(そうこ)流の祖で広島ゆかりの武将茶人上田宗箇は1615年、大坂夏の陣で敵将塙(ばん)団右衛門を討ち取り、勇名をはせた。25日、両者の子孫が広島市中区のひろしま美術館で対談し、それぞれの...

  • 河井夫妻疑惑 宮沢洋一氏「ほとんど説明されていない」

     自民党広島県連の宮沢洋一会長(参院広島)は25日、公選法違反(買収)を巡る自民党の河井克行前法相(衆院広島3区)と妻案里氏(参院広島)の疑惑について「ほとんど説明されていない。自分の口で知っている事...

  • 広島に初の女子中学ラグビークラブ 競技人口増目指す

     昨秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の盛り上がりを追い風に、広島県内で初めて、女子中学生を対象としたラグビーのクラブチームが誕生した。ジュニア世代から県内で競技に取り組める環境を整え、競技...