地域ニュース

【メモ】二葉山トンネルの事業費増額問題とは

2020/1/26 14:29

 広島市東区のJR広島駅北口と広島高速1号温品ジャンクションを結ぶ広島高速5号のうち、二葉山トンネル(1・8キロ)の工事契約で発覚した。トンネル西側の1・4キロを掘る工事を巡り、広島高速道路公社(東区)と受注した共同企業体(JV)が2016年5月、一部の工事費を意図的に除き契約した。公社の第三者委員会はことし3月、事業費の上限とJVの受注希望額に開きがあったため、公社が契約後の増額をJVに持ち掛け、契約にこぎ着けたと指摘。その後、増額幅は87億2千万円と定まった。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧