• トップ >
  • >
  • 広島市4年ぶり減6563億円 20年度予算案、大型・記念事業展開

トピックス

広島市4年ぶり減6563億円 20年度予算案、大型・記念事業展開

2020/2/7 23:03

2020年度当初予算案の重点施策について説明する松井市長

 広島市は7日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は6563億7200万円で前年度当初に比べて2・0%減と、4年ぶりのマイナス編成となった。借金返済に充てる公債費の縮小が主な要因で、予算規模は政令指定都市への移行後、2番目となった。都心のにぎわいづくりの大型事業、被爆75年の事業を展開し、中山間地域の魅力発信や文化振興にも力を入れる。
(ここまで 172文字/記事全文 832文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事