• トップ >
  • >
  • 【緊急連載 広島中央署盗難書類送検】<上>競馬に没頭し多額借金 「犯行日」の壁、捜査長期化

トピックス

【緊急連載 広島中央署盗難書類送検】<上>競馬に没頭し多額借金 「犯行日」の壁、捜査長期化

2020/2/14 23:58

金庫にあった8572万円が盗まれた広島中央署

 警察署で多額の現金が盗まれた広島中央署の盗難事件は、発覚から1012日目で区切りを迎えた。広島県警が14日に窃盗などの疑いで書類送検したのは、発覚当初から捜査線上に浮かんでいた脇本譲警部補=当時(36)。9千万円もの現金が署内で保管されるきっかけとなった詐欺事件の捜査に携わる一方、競馬にはまり、多額の借金を抱えていた。捜査が長期間に及び、「死人に口なしの幕引き」との声も上がる。県警は信頼を回復できるのか―。
(ここまで 206文字/記事全文 1425文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事