トピックス

東広島・八本松で工場火災 操業中、440人避難【動画】

2020/2/26 12:08

消火活動が続くダイキョーニシカワ八本松工場(26日午前11時34分、東広島市八本松町原)

 26日午前9時55分ごろ、東広島市八本松町原のダイキョーニシカワ八本松工場で、バンパーなど車の部品を塗装する「第3塗装課」から出火、消防車やはしご車など計13台が出動し、約4時間後に消し止めた。建物は全焼した。操業中の工場内にいた440人は避難し、けがはなかった。

 同工場では、マツダなど自動車各社向けの樹脂部品を製造。同社によると、シンナーなどの有機溶剤を塗料として使っていたという。現場はJR八本松駅の南約2キロで、工場が点在する地域。

 同社の佐々木啓広報・CSR部長は「心配をお掛けして申し訳ない。取引先への影響は確認中で、他工場での代替生産も検討する」と話している。工場の再開時期は未定という。


この記事の写真

  • 火災で煙を上げるダイキョーニシカワ八本松工場(26日午前10時55分、東広島市八本松町原)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧