• トップ >
  • 中国新聞SELECT >
  • 【ヒロシマの空白 被爆75年】街並み再現 八丁堀、壊滅前の活気 中国新聞写真サイト、新たに110枚加わる

中国新聞SELECT

【ヒロシマの空白 被爆75年】街並み再現 八丁堀、壊滅前の活気 中国新聞写真サイト、新たに110枚加わる

2020/2/28 4:57
1934年11月、胡子大祭に集まった地元商店街の人たち。当時の胡子神社は現在より西側にあり、鳥居の近くで撮影されたとみられる(川野哲生さん提供)

1934年11月、胡子大祭に集まった地元商店街の人たち。当時の胡子神社は現在より西側にあり、鳥居の近くで撮影されたとみられる(川野哲生さん提供)

 原爆で壊滅する前の広島市中心部を捉えた写真を集めてグーグルマップ上に公開する中国新聞のウェブサイト「ヒロシマの空白 街並み再現」に28日、八丁堀(中区)と周辺地区で1930年前後から45年までに撮影された約110枚が加わった。
(ここまで 114文字/記事全文 364文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 1933年2月に福屋旧館で行われた火災避難訓練。「福屋五十年史」によると、「日本初の高層ビル火災」といわれる前年の白木屋百貨店火災がきっかけだった(福屋提供)
  • 「ヒロシマの空白 街並み再現」ウェブサイト
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

中国新聞SELECTの最新記事
一覧