• トップ >
  • >
  • 新型肺炎、広島県内の学校現場「情報遅い」 閉校控えて休校を選択

トピックス

新型肺炎、広島県内の学校現場「情報遅い」 閉校控えて休校を選択

2020/2/28 22:51

閉校となる東村小の校舎を背に、荷物を抱えて下校する児童

 政府による突然の一斉休校の要請から一夜明けた28日、広島県内の学校現場や放課後児童クラブはそれぞれ、朝から情報を待ち続けた。きょうが本年度の最後の授業となるのか、休暇中の子どもの居場所は―。市町の方針決定をじりじりと待ち、慌ただしく対応に追われた。
(ここまで 125文字/記事全文 934文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 休校中の対応について反田館長(左)から説明を受ける保護者
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事