• トップ >
  • トピックス >
  • 「96万円受領 違法と認識」 河井案氏選挙で陣営男性、地検に

トピックス

「96万円受領 違法と認識」 河井案氏選挙で陣営男性、地検に

2020/3/1

 自民党の河井克行前法相(広島3区)の妻案里氏(参院広島)が支部長を務める自民党支部が昨年7月の参院選で、複数の陣営関係者に公選法違反(買収)の疑いがある報酬を払っていた問題で、うち1人が広島地検の任意聴取に対し、金の受け取りを認める供述をしていることが29日、複数の関係者への取材で分かった。「合計で約96万円を受領した。違法との認識はあった」などと説明。克行氏から直接依頼を受け、「月70万円で」と金額の提示を受けていたという。

 複数の関係者によると、受け取りを認めたのは会社員男性。案里氏が初当選した参院選広島選挙区(改選数2)の選挙期間中、企業などを回って支持拡大を図る活動をしていた。原則無報酬の選挙運動の対価として報酬のやりとりがあれば、渡した側と受け取った側の双方が買収罪に問われる可能性があり、地検は慎重に裏付けを進めているもようだ。

 男性は昨年6月上旬に克行氏から月70万円の対価で誘われ、案里氏の陣営に参画。6月中旬から投開票日前日の7月20日まで、企業や地方議員の訪問を担当した。

 男性名義の銀行口座には6月28日〜8月1日に計3回、案里氏が支部長の自民党広島県参議院選挙区第7支部の名義で計約86万円が入金されたほか、広島市内の事務所で6月上旬、陣営側から現金10万円を渡されたという。

 男性は地検の聴取に「違法な報酬だった」と認め、「克行氏は当選7回のベテラン。報酬については適切に処理してくれると思っていた」と供述しているという。地検が2月中旬に男性の自宅を家宅捜索していたことも分かった。

 この男性以外にも、中国新聞の取材では少なくとも2人に月額約40万〜約50万円が払われた疑いがある。地検が関係者の聴取をするなど捜査を進めているとみられる。案里氏の事務所はこれまで「刑事事件の進捗(しんちょく)や捜査への支障の有無などを勘案し、適切な時期に説明したい」とコメントしている。

 案里氏の陣営を巡っては、選挙カーから支持を訴える車上運動員に対し、上限の2倍の報酬を払った疑いなども浮上している。地検は1月に河井夫妻の自宅や事務所など関係先を家宅捜索し捜査を進めている。

 <クリック>買収罪 公選法は、候補者を当選させる目的で有権者や運動員に金銭や物品、財産上の利益などを供与したり、供与を約束したりすることを禁じている。違反した場合、3年以下の懲役か禁錮、または50万円以下の罰金を科す。候補者本人や選挙を仕切る総括主宰者が違反した場合、4年以下の懲役か禁錮、または100万円以下の罰金と刑が重くなる。  #河井夫妻秘書公選法違反事件


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

トピックスの最新記事
一覧

  • 岡田氏、立候補の意向 三原市長選 (6/30)

     天満祥典市長(73)の辞職に伴う三原市長選に、市内でプログラミング教室を経営する岡田吉弘氏(35)が無所属で立候補する意向を固めたことが29日、分かった。近く記者会見を開き、表明する予定。同市長選に...

  • 荒井氏、三原市長選立候補の意向 元市議、近く表明 (7/7)

     天満祥典前市長(73)の辞職に伴う三原市長選(8月2日告示、9日投開票)に元市議の荒井静彦氏(68)が無所属で立候補する意向を固めたことが6日、分かった。近く記者会見を開き、表明する予定。同市長選へ...

  • 広島東署で勾留の容疑者の男が新型コロナ感染 (7/6)

     広島東署(広島市東区)の留置場に容疑者として勾留されていた男が新型コロナウイルスに感染したと確認されたことが6日、関係者への取材で分かった。留置場での感染確認は、広島県内で初めてとなる。 関係者によ...

  • 中国地方に激しい雨 避難指示や勧告相次ぐ (7/6)

     中国地方は6日、局地的に激しい雨が降った。広島県などは、広島市と廿日市市に今季初の土砂災害警戒情報(大雨・洪水警戒レベル4相当)を発表。レベル4の避難指示(緊急)、避難勧告を出す自治体が相次いだ。広...

  • 西日本豪雨被災地に打ちつける雨 広島県内の被災者ら、よみがえるつらい記憶 (7/6)

     あの日を思い起こさせるような強い雨が、西日本豪雨から2年を迎えた広島県内の被災地に打ちつけた。豪雨で大きな被害が出た広島市や呉市、坂町などの一部で6日、避難指示(緊急)や避難勧告が出され、住民が避難...