地域ニュース

デリバリー式給食、味と温度不満3割 呉市小中アンケート

2020/3/11 15:59

 呉市教委は10日、市立小中の児童生徒たちを対象にした学校給食に関するアンケート結果を市議会文教企業委員会で報告した。民間業者が作った弁当を配達するデリバリー方式の給食で、味、温度について「よくない」とした生徒がそれぞれ約3割に上り、自校調理もしくは共同調理方式に比べて不満が目立った。
(ここまで 143文字/記事全文 605文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • センバツ中止 地元住民や関係者、選手の心情気遣う

     新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、第92回選抜高校野球大会の中止が11日、決まった。出場予定だった中国地方の高校の地元住民や関係者からは、練習を重ねていた選手の心情を気遣う声が多く出た。無観客で...

  • ドーム対岸から祈り 大震災の広島県内避難者ら

     東日本大震災から9年となった11日、広島市中区の原爆ドーム対岸の元安川親水テラスで、広島県内に避難した人や市民が黙とうし、犠牲者を悼んだ。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、毎年親水テラスで開かれて...

  • カープ電車、デザイン一新 広電が運行開始

     広島電鉄(広島市中区)は11日、広島東洋カープを応援する「カープ電車」のデザインを一新し、運行を始めた。選手の新しい写真を使い、今季のキャッチフレーズ「たった今 このAKAの子 舞いたった」のロゴを...

  • 疫神社、新型コロナ沈静化願い春祭り 15日大竹

     ウイルス退散の願いも込め、神社の春祭り開きます―。大竹市元町の疫(やく)神社は15日、新型コロナウイルスの感染が拡大する中でも、恒例の祭りを開く方向で、地元住民たちと準備を進めている。江戸時代に流行...

  • 外国人相談、呉東部でも 市が総合窓口開設へ

     呉市は新年度、東部地区向けの外国人総合相談窓口を、広市民センターに開設する。現在は本庁舎内の市国際交流センターだけで対応している。広地区など市東部で暮らす外国人が相談しやすい環境を整え、生活をサポー...