地域ニュース

湯田温泉スマートIC利用開始 山口

2020/3/21
湯田温泉PA内に設置されたスマートICを通過する利用車(画像の一部を修整しています)

湯田温泉PA内に設置されたスマートICを通過する利用車(画像の一部を修整しています)

 山口市吉田の中国自動車道湯田温泉パーキングエリア(PA)で21日、簡易型インターチェンジ(スマートIC)の利用が始まった。市中心部への利便性が向上し、初日から利用する車両が相次いだ。県内初の設置となる。

 午後3時の開通を前に、10台以上が列をなした。市職員たちが拍手で見送る中、次々とレーンを通過していった。1日約1800台の利用を見込む。市道路河川建設課の八木正之課長は「湯田温泉などの観光地の活性化だけでなく、災害時の活動も容易になる」と力を込めた。

 湯田温泉PAは、中国道山口IC―小郡IC間にある。開通したスマートICは車長12メートル以下で自動料金収受システム(ETC)搭載の車両が24時間利用できる。同ICは、総事業費約35億円をかけて、2014年9月に着工した。(山下悟史)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 尾道の男性と接触 新型コロナ感染、岡山在住者は陰性

     岡山県は21日、前日新型コロナウイルスに感染したことが確認された尾道市の40代会社員男性と濃厚に接触した可能性のある岡山県在住者1人をウイルス検査した結果、陰性だったと発表した。

  • 西城小校庭に児童ク 庄原市、警戒区域外に新設

     庄原市は2020年度、同市西城町の西城小の校庭に、共働きやひとり親家庭の子どもを預かる「放課後児童クラブ」の建物を新設する。21年春に近くの美古登小が西城小に統合される予定で、児童数の増加にも対応す...

  • 梅津の滝で地蔵供養 岩国、15年ぶり安全祈願

     岩国市二鹿の「梅津の滝」近くの地蔵の供養祭が15年ぶりに営まれた。住民約35人が参列し、レジャーで訪れる観光客の安全などを祈願した。

  • やまなみ街道全通5年 陰陽の交流後押し

     尾道市と松江市を結ぶ中国やまなみ街道は22日、全線開通から5年を迎える。国と広島、島根両県が約3300億円を負担する新直轄方式で大半を整備した街道は、備後地方と中国山地、山陰地方のつながりを強くし、...

  • 尾道市、警戒を続ける コロナ感染、放課後クなど継続

     尾道市の40歳代会社員男性が新型コロナウイルス感染者と発表され一夜明けた21日、市は警戒を続けた。感染源が海外とみられ、発症後に市内を頻繁に出歩いた様子もないことから、学校の受け入れなど従来の方針を...