• トップ >
  • >
  • 河井夫妻買収疑惑 広島県議・市議12議員に現金持参 地検、少なくとも27人聴取

トピックス

河井夫妻買収疑惑 広島県議・市議12議員に現金持参 地検、少なくとも27人聴取

2020/4/3

 自民党の河井克行前法相(衆院広島3区)の妻案里氏(参院広島)が初当選した昨年7月の参院選広島選挙区を巡り、夫妻の秘書2人が公選法違反(買収)の罪で起訴された事件で、夫妻が公示前に少なくとも広島県議と広島市議の計12人に現金を持参していたことが2日、分かった。全て自民党の議員で、証言によると金額は1人10万〜50万円台。参院選で票の取りまとめを頼む趣旨だった疑いがあり、広島地検は幅広く任意聴取している。
(ここまで 203文字/記事全文 1136文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事