地域ニュース

認知症の診断覆る例、どれくらいある?

2020/4/5 20:38
「若年性認知症になったとしても、それですべてが終わるわけではない」と話す岩崎センター長(西区の市西部認知症疾患医療センター)

「若年性認知症になったとしても、それですべてが終わるわけではない」と話す岩崎センター長(西区の市西部認知症疾患医療センター)

 認知症の診断が覆るケースはどれほどあるのか。竹内さんの主治医で広島市西部認知症疾患医療センターの岩崎庸子センター長は「全国統計はないが、自分の経験でもわずかながらある」と説明する。
(ここまで 91文字/記事全文 735文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧