地域ニュース

錦帯橋を漫画と史料で紹介 創建時の領主、吉川広嘉の生涯も

2020/4/6 15:59
錦帯橋を造った岩国領主・吉川広嘉の生涯を紹介する漫画

錦帯橋を造った岩国領主・吉川広嘉の生涯を紹介する漫画

 岩国市横山の岩国徴古館が、江戸時代に錦帯橋を創建した岩国領3代領主・吉川広嘉(ひろよし)=1621〜79年=の生涯を紹介する漫画を発行した。同時代の史料を基に橋の歴史をたどる企画展も開催しており、国名勝の起源を多角的に知ってもらう狙い。

 漫画はA4判、30ページ。錦川の右岸に政治拠点を置き、対岸に家臣や商人の町を形成した岩国領は、川が氾濫しても流されない橋を架けることが長年の課題だった。岩国を訪れた中国の僧、独立性易(どくりゅうしょうえき)のもたらした書物をヒントに、広嘉が頑丈なアーチ橋の構造をひらめいた経緯を紹介する。
(ここまで 264文字/記事全文 554文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 江戸時代の古文書を基に錦帯橋の歴史をたどる企画展
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧