地域ニュース

左手ピアニスト、世界へ 広島出身瀬川さん、欧州の大学院卒業

2020/4/17
グラーツ芸術大大学院を卒業し、今後の活動への意欲を語る瀬川さん

グラーツ芸術大大学院を卒業し、今後の活動への意欲を語る瀬川さん

 指が思った通りに動かなくなる「局所性ジストニア」を右手に患い、左手だけで演奏する広島市出身のピアニスト瀬川泰代さん(32)が今春、オーストリア国立のグラーツ芸術大大学院を卒業した。「多くの人の心を共鳴させられる音楽を奏で続けたい」。新型コロナウイルスの感染拡大で演奏の場を失う中、インターネットを活用したコンサートを計画している。
(ここまで 166文字/記事全文 767文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 広島県教委、県立9校の寮閉鎖決定

     新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一斉に臨時休校している広島の県立学校で、県教委が県内外の生徒を受け入れる寮の閉鎖を決めたことが17日、分かった。共同生活によるクラスター(感染者集団)の発生を防ぐ...

  • バラの魅力を福山各地で 24年世界会議で「エキスポ」

     福山市で2024年に開かれる世界バラ会議福山大会について、市などでつくる準備委員会が基本計画を策定した。会期は5月19〜25日の7日間。バラの魅力を伝える企画や会議参加者との交流行事をまとめて「ロー...

  • 鞆でも大林監督追悼 HPに書/SNSで動画

     尾道市出身の映画監督大林宣彦さんが亡くなったのを受け、遺作となった「海辺の映画館―キネマの玉手箱」のロケが行われた福山市鞆町でも追悼の動きが広がっている。自筆の書を公開したり、会員制交流サイト(SN...

  • 民泊困惑、修学旅行で相次ぐ延期 新型コロナ、江田島で再開見通せず

     新型コロナウイルスの感染拡大が、江田島市での民泊型修学旅行の受け入れに影響を与えている。市は4〜6月の受け入れを見合わせ、学校側からも延期や中止の連絡が相次ぐ。市は秋以降の実施を目指すが、感染終息の...

  • 海自の3艦艇、呉基地に入港 今後の計画立たず

     日本近海で練習航海をしている海上自衛隊の艦艇3隻が17日、呉市の海自呉基地に入港した。乗船する実習幹部が、例年は5月以降に海外への遠洋練習航海に繰り出すが、今年は新型コロナウイルスの影響で今後の計画...