• トップ >
  • >
  • 被爆ピアノ常設展示へ 平和記念公園レストハウス再開後、愛用の女子学生の生涯も紹介

トピックス

被爆ピアノ常設展示へ 平和記念公園レストハウス再開後、愛用の女子学生の生涯も紹介

2020/4/18

側面に傷痕が残る「明子さんのピアノ」(手前)

 広島市が改修工事を終えて7月1日の再オープンを予定している平和記念公園内(広島市中区)の被爆建物レストハウスに、19歳で被爆死した河本明子さんが生前愛用し、爆心地から約2・5キロで被爆したピアノを常設展示することが17日、分かった。「明子さんのピアノ」を平和のシンボルと位置づけ、原爆の悲惨さを伝える。
(ここまで 152文字/記事全文 839文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 河本明子さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事