地域ニュース

知事の発言要旨

2020/4/22 23:38

 国給付金を巡る湯崎知事の発言要旨は次の通り。

●21日の記者会見

 ・県職員についても一律10万円の給付の対象になっている。そういった資金の取り扱いも含めて聖域なく検討したい。

 ・(10万円を積み立てる基金をつくって県民に還元するイメージかとの質問に)どういう形かは検討しないといけないが、そういうイメージになる。

●22日の取材

 ・感染拡大防止のための検査態勢、医療態勢強化、子どもたちの学習機会の確保など、やらなければならないことが山積しており、県の財政能力を超える。国からの交付金の積み増しを要望し、支出の見直しも進めないといけない。場合によっては県職員に協力をお願いするというのも選択肢の一つとして検討しなければならないと思っている。

 ・(給付金を「活用する」と言ったのを撤回するのかとの質問に)活用するというのは適切な言葉ではなかった。そういうことがあるのも踏まえてとか、念頭に置きながら考えたいという趣旨だった。決して基金をつくる趣旨ではない。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧