地域ニュース

旬の備北公園、ライブ動画で スタッフ2人がSNS配信

2020/4/27 21:23
見頃を迎えたチューリップの様子をライブ配信で実況する大田さん

見頃を迎えたチューリップの様子をライブ配信で実況する大田さん

 家に居ながら花見の実況を楽しんで―。新型コロナウイルスの感染拡大で休園している庄原市の国営備北丘陵公園は、会員制交流サイト(SNS)を活用した動画のライブ配信を始めた。休園中に見頃を迎えるチューリップなど春の花を、外出を自粛している人たちに楽しんでもらう企画。公園スタッフが視聴者とリアルタイムで交信しながら、花の魅力を伝えていく。

 花の見頃に合わせて随時配信する予定。チューリップが最盛期を迎えた22日には、スタッフの大田真由さん(22)たち2人がスマートフォンを持って園内を巡り、写真共有アプリ「インスタグラム」のライブ配信機能を使って映像を流した。

 大田さんは、「景色がきれいですね」「花にもっと寄ってください」などと視聴者から寄せられるコメントを受けながら、花の特徴を紹介したり、園内の様子を伝えたりした。この日は30分間配信し、約70人が視聴したという。

 緊急事態宣言の対象が全国に広がったのを受け、同園は18日から臨時休園している。ただ、チューリップやネモフィラなどの花は次々と見頃を迎えており、「ライブ配信なら公園の『今』を楽しんでもらえる」と企画した。

 次の配信は、ネモフィラの見頃時季を予定している。大田さんは「来園気分を味わってもらい、気分が和めばうれしい」と話している。(伊藤友一) 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧