• トップ >
  • トピックス >
  • 【コロナと闘う 医療最前線】善意のマスク・ガウン次々 広島県内、広がる応援の輪

トピックス

【コロナと闘う 医療最前線】善意のマスク・ガウン次々 広島県内、広がる応援の輪

2020/5/7 22:53

広島市の呼び掛けに応じて医療機関に寄付されたマスクなどを確認する市職員

 ▽病院側「一番のエール」

 段ボール箱の中には、ガウンやマスク、消毒液などがぎっしり詰まっていた。江田島市の「島の病院おおたに」。新型コロナウイルスの防護具不足のため、ごみ袋をガウンに代用しているという記事が4日付本紙朝刊に掲載されて以降、広島県内各地から次々と物資が届いている。

 大谷まり院長(49)が連休明けの7日、看護師たちと計四つの段ボール箱の封を開けると、自然に拍手が沸き、笑顔が広がった。

 「ごみ袋を使うくらいなら」と送ってくれた雨がっぱもある。地元の高齢女性が「フェースシールドに使って」と持参したクリアファイル50枚もある。10万円の特別定額給付金を寄付したいという声や「力になりたいから、ガウンの作り方を教えて」との申し出もあった。

 ▽日々感染の不安

 「こんなことが本当にあるんですね」と大谷院長。「温かい気持ちが一番のエール。勇気をもらいました」と前を向く。

 感染の不安と日々向き合っている医療者にとって、防護具の充足と応援の声は何よりの援護だ。

 多くの感染者を受け入れてきた広島市立舟入市民病院(中区)には4月中旬から連日のように、防護具やメッセージが届く。「感染の恐怖、ストレスを抱えながらも、患者にやさしく接してくれてありがとう」「医療者を送り出す家族にも感謝したい」…。励ましやねぎらいの言葉に「スタッフは『最後の1人まで感染患者を診る』という決意を固めている」(同病院事務室)という。

 三次市の市立三次中央病院が受け取った寄付には、地元の高校生が手作りした300枚のフェースシールドもあった。福原真理看護部長(58)は「材料費は10万円の給付金を充てると…。発熱患者を診る場所で優先的に使います」と感謝する。

 ▽受け入れ窓口を

 防護具の寄付を呼び掛けて先月20日に受け付けを始めた広島市には、1週間余りで医療用マスクなど計約5万5千点が集まった。広島県医師会にも7日、二つの奉仕団体が医療用マスク5万枚とフェースシールド4万枚を寄贈した。

 寄付は、防護具だけにとどまらない。広島県内の経済団体は8日、広島県の湯崎英彦知事に県民や企業からの寄付金の受け入れ窓口の設置を要望する。

 未知の感染症と闘う医療者への不当な差別や誹謗(ひぼう)中傷は深刻だ。しかし、編集局にはこんな声が相次いで届いている。「誹謗中傷する人より、応援と感謝を送りたい人の方が圧倒的に多いはずです」「感謝の言葉をどれだけ並べても足りない」「こんな時だからこそワンチームで乗り切ろう」…。応援の波のうねりは、さらに大きくなりそうだ。(衣川圭、ラン暁雨、寺本菜摘) 

関連記事「【コロナと闘う 医療最前線】マスクやガウン不足深刻 中国地方、再利用・ごみ袋加工も」

関連記事「【コロナと闘う 医療最前線】白衣洗う業者見つからない/近所の人の目怖い 差別・中傷に苦悩」

関連記事「名もなきエール、医療者へ 広島・舟入病院そばに横断幕」

関連記事「防護服作り手伝って 医療機関支援呼び掛け」

関連記事「3D技術で顔「シールド」 廿日市の中村さん自作」


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • ブラックホール停止の原因解明 東京大・筑波大・尾道市立大チーム発表 (1/26)

     宇宙の多くの銀河の中心にある「超巨大ブラックホール」は、他の銀河との衝突で活性化するだけでなく、中心部と衝突すれば活動が止まるとの研究結果を、東京大、筑波大、尾道市立大の研究チームが26日付の英科学...

  • 廿日市で民家全焼、住人が不明 (1/25)

     25日午後6時20分ごろ、廿日市市の無職男性(79)方から出火、平屋の家屋や、小屋など計約210平方メートルを全焼した。廿日市署や市消防本部によると、1人暮らしの男性と連絡が取れていない。近くの住民...

  • 石橋氏、広島3区支部長「内定」どまり 自民 (1/25)

     自民党は25日、衆院広島3区の新たな支部長に、党広島県連が次の衆院選で擁立を目指す新人で県議の石橋林太郎氏(42)を内定した。広島3区は公選法違反罪で公判中の河井克行元法相(57)=自民党を離党=の...

  • 広島3区「公明に譲り比例へ」勘ぐる声 自民県連 (1/25)

     与党分裂の可能性が出ている次の衆院選広島3区で、自民党広島県連が党本部に求めてきた石橋林太郎氏の党支部長への就任は、25日時点で「内定」にとどまった。「決定」を期待していた党県連内には一歩前進との受...

  • 「女性になりたい」…法の壁は高く【虹色のあしたへ 性的少数者と社会】<1> (1/25)

     「女性になりたい」。広島県内に住む30代会社員ハルさん(仮名)は、妻に静かに切り出した。妻は顔色を変え、なじった。「うそつき。私は男性と結婚したんだよ」。2人の間には3人の子どもがいる。その子たちに...