• トップ >
  • トピックス >
  • 下水道工事で1人死亡 岩国、硫化水素を検出 住民避難も【動画】

トピックス

下水道工事で1人死亡 岩国、硫化水素を検出 住民避難も【動画】

2020/5/11 23:21

下水道工事中に硫化水素とみられるガスが発生した岩国市門前町の現場(11日午前11時35分)

 11日午前9時25分ごろ、岩国市門前町3丁目の下水道工事現場で「作業員が倒れている」と119番があった。作業員3人が病院に搬送され、山形県新庄市の井上吉隆さん(34)が死亡した。熊本県の60代の男性作業員2人は意識がある。現場で硫化水素が検出され、原因を調べている。

 岩国署と市下水道課によると、井上さんは地下約13メートルにある下水道管の点検作業中だった。異臭に気付いた別の作業員が自力で地上に出て異常を報告。作業員2人が井上さんを救助しようとして管に入り、硫化水素を吸い込んだとみられる。

 現場は国道188号沿いで近くに住宅や学校、病院が立ち並ぶ。岩国署は異臭がしたため周辺住民を一時避難させ、半径300メートルの範囲で立ち入り規制。小中学校や保育園には窓を閉めて、屋外での活動をやめるよう呼び掛けた。岩国地区消防組合によると、近くの40代男性が体調不良を訴え病院に搬送されたが、軽症だという。


この記事の写真

  • 硫化水素が検出された岩国市門前町3丁目の下水道工事現場=11日午後1時6分(撮影・荒木肇)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧