地域ニュース

アベノマスク、初日は山口市 配布完了めど立たず

2020/5/23 21:01
山口市で配布が始まったアベノマスク

山口市で配布が始まったアベノマスク

 政府が全世帯に2枚ずつ配布する布マスクの配達がようやく山口県内でも23日、山口市で始まった。厚生労働省は当初、感染者が多い地域を優先し山口の時期を示していなかった。一方、政府が5月中に全国で配り終えるとしていることには「届くように努める」と述べるにとどめ、完了のめどは立っていない。

 安倍晋三首相が新型コロナウイルス対策の目玉政策として発表した「アベノマスク」。この日配達したのは県内で同市だけで、山口中央郵便局周辺の約5千世帯に配った。

 22日に国から袋入りマスク3万世帯分が同局に届いた。マスク専門の配達員4人を増員し、1週間かけて配る。配達員は午前8時半ごろからマスクをバイクに積み込み、近くのマンションの集合ポストなどに入れていった。同局第2集配営業部の勝川宏治部長は「いつ届くのかと問い合わせがあったが、やっと配達できる」と話した。

 県内全体では約70万世帯に配る予定。日本郵便中国支社によると、山口市以外の郵便局については国から連絡がなく、配布開始日が決まっていないという。

 配布時期について厚生労働省のマスク班は18日、中国新聞の取材に東京など特定警戒都道府県を優先し「検品に時間がかかり山口など34県は見通しが立たない」と説明。今回は「34県に対しても配り始めるめどが立った」としている。(原未緒、門脇正樹) 

 関連記事「布マスク配達 中国地方で始まる」

 関連記事「アベノマスクいつ届く 山口県内店舗では既に山積み販売 「今さら要らない」の声も」

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧

  • 障害者の働く場、コロナで打撃 「例のない苦境」支援訴え

     新型コロナウイルスの感染拡大が、県内の障害者の働く場にも影響を及ぼしている。企業の下請けの部品組み立てなどの仕事が激減しているほか、パンやクッキーの販売もイベント中止などで打撃を受ける。「過去に例の...

  • ゴルフ場、親子で気分爽快 庄原、カートで9ホール散策

     庄原カントリークラブ(庄原市板橋町)は23日、地元の小中学生や園児と保護者を対象に、ゴルフ場見学会を開いた。長引く外出自粛や臨時休校による「コロナ疲れ」を癒やしてもらおうと初めて企画。24日も開く。

  • 駄菓子とビール、家飲みに呉の味 製造2社が動画でPR

     新型コロナウイルスの感染拡大で外出の自粛傾向が続く中、ともに呉市で、駄菓子など製造のスグル食品と地ビール製造のとびしまビールラボがタッグを組み、自宅での晩酌やオンライン飲み会などの「家飲み」の楽しさ...

  • 広島市内に人の流れ戻る 外出自粛全面解除から初の週末

     新型コロナウイルス対策で広島県が求めていた外出自粛と事業者への休業要請が全て解除されて初の週末となった23日、広島市内の繁華街や商業施設に人の流れが戻ってきた。マスクを着けるなどして感染に気を付けな...

  • 布マスク配達 中国地方で始まる

     新型コロナウイルスの感染防止対策として、政府が全世帯に2枚ずつ配布する布マスクの配達が23日、中国地方で始まった。広島中央郵便局(広島市中区)では、局員8人がバイクの荷台に積み込んで中区と東区の一部...