地域ニュース

紫電改エンジン「誉」見つかる 呉の海軍航空廠跡 大和ミュージアムで公開

2020/5/28
大和ミュージアムに寄贈された戦闘機用エンジン「誉」の主要部と、同館学芸員

大和ミュージアムに寄贈された戦闘機用エンジン「誉」の主要部と、同館学芸員

 太平洋戦争中に旧日本海軍の戦闘機「紫電改」などに搭載された高性能の国産エンジン「誉(ほまれ)」の主要部が、呉市広黄幡町の米陸軍広弾薬庫の地中から見つかった。寄贈を受けた大和ミュージアム(呉市)は28日までに洗浄・保存処理を終え、6月3日からの企画展で初公開する。

【動画】呉市で旧日本海軍のエンジン「誉」が見つかる

 在日米陸軍基地管理本部(神奈川県座間市)によると、2018年9月11日、広弾薬庫ののり面整備工事中に、地下約1メートルから掘り出された。広弾薬庫は戦争末期に誉の量産を図っていた第11海軍航空廠(しょう)の跡地で、戦後70年余り、地中で眠っていたとみられる。同年12月、同管理本部施設局環境部長代理の名義で寄贈された。

 出土品のサイズは、円柱形のクランクケースが直径約50センチ、回転軸のクランクシャフトが長さ約90センチ。エンジンの中心部に当たる。外周に2重星形に計18気筒あったシリンダーのピストンへつながるロッドや、歯車の一部も付随している。

 誉は、終戦まで日本を代表する航空機メーカーだった中島飛行機が開発。零式艦上戦闘機(ゼロ戦)などに搭載された14気筒のエンジン「栄(さかえ)」を18気筒へ強化し、小型ながら出力2千馬力と、世界水準の高性能を誇った。ゼロ戦の次代の主力機「紫電改」をはじめ、「流星」「銀河」などの新鋭機に搭載された。

 同ミュージアムは、新型コロナウイルスの影響による臨時休館から3日に再開。同時に始まる企画展「海から空へ 広海軍工廠と航空機」に、出土した誉も出展される。(道面雅量)

 <クリック>第11海軍航空廠 呉市広地区にあった広海軍工廠の航空機部が独立し、1941年10月に開設された。旧海軍の航空戦力を支え、45年6月には広工廠を吸収合併した。終戦に伴い同年10月末で廃止。跡地は主として米陸軍広弾薬庫となった。 

【関連記事】
航空エンジン
航空戦力支えた拠点証明 戦闘機エンジン「誉」、呉で発見(2020/5/28)

迫力、戦前の航空エンジン「火星21型」 米博物館が譲渡(2016/3/31)



この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧