• トップ >
  • >
  • 戦後の福山、新幹線駅で発展 名誉市民の松本卓臣さん100歳、街の歩み語る

トピックス

戦後の福山、新幹線駅で発展 名誉市民の松本卓臣さん100歳、街の歩み語る

2020/5/31 20:38

「どの業界にいようと、もっと勉強して知識を付けないといけない」と話す松本さん(撮影・井上貴博)

 福山市の名誉市民で、福山商工会議所名誉会頭の松本卓臣さんが1日、100歳の誕生日を迎えた。繊維産業やガス事業などで手腕を振るい、商議所会頭を13年間務めた経済界の大御所。備後地方の発展や文化振興に貢献してきた松本さんに、福山の歩みを振り返ってもらった。(榎本直樹)
(ここまで 133文字/記事全文 1250文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事