地域ニュース

定食味わい、道の駅盛況 「三矢の里」、コロナ対策し全面開業

2020/6/1 21:07
約1カ月遅れで営業を始め、来場者でにぎわう「三矢の里あきたかた」のレストラン

約1カ月遅れで営業を始め、来場者でにぎわう「三矢の里あきたかた」のレストラン

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開業を延期していた安芸高田市吉田町山手の道の駅「三矢(みつや)の里あきたかた」が1日、全面オープンした。レストランと情報発信施設が当初予定より約1カ月遅れで営業を始め、待ちわびた市民たちが押し寄せた。

 オープニングイベントはなく、午前10時前から順次営業を始めた。レストランは新型コロナ対策でランチバイキングを見合わせ、席数も4割減らして約60席に変更。広島県産の豚肉や鶏肉を使った定食などを提供し、一時満席になった。土産物も扱う情報発信施設では、道の駅の開業日を記した切符形の記念品を買い求める来場者が目立った。
(ここまで 275文字/記事全文 477文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧