地域ニュース

処分保留で男性釈放 福山の死体遺棄容疑 (2020年3月24日掲載)

2020/6/4 17:24

 福山市神辺町道上のアパート一室で近くの会社役員若嶋真一さん(45)が遺体で見つかった殺人事件で、広島地検福山支部は23日、死体遺棄の容疑で逮捕、送検された同町の土木作業員男性(56)を処分保留で釈放した。同支部は理由を明らかにしておらず、「在宅で捜査を続ける」としている。

 若嶋さんは2月27日朝、男性の住むアパートの一室で遺体で見つかった。死因が首を絞められたことによる窒息死と判明したことから、広島県警捜査1課などの捜査本部は殺人事件として捜査。男性は同26日午後6時ごろから27日午前8時20分ごろまでの間、自室に若嶋さんの遺体を遺棄した疑いで今月1日に捜査本部に逮捕された。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧