トピックス

拳銃1丁と実弾押収 広島県警、広島市西区の男の自宅から

2020/6/5 17:44

広島県警が押収した回転式拳銃1丁と実弾4発など(県警提供)

 拳銃1丁と実弾4発などを自宅に隠し持っていたとして、広島県警薬物銃器対策課と広島東署は4日、広島市西区小河内町2丁目、無職松本知之容疑者(53)を銃刀法違反(加重所持)の疑いで現行犯逮捕し、拳銃などを押収した。県警によると、県内での拳銃の押収は2014年11月以来、約5年7カ月ぶり。

 逮捕容疑は4日午後0時40分ごろ、自宅で回転式拳銃1丁と実弾4発を所持していた疑い。同課によると、情報提供に基づいて同日に松本容疑者の自宅を家宅捜索し、実弾4発と発砲後の薬きょう1発が入った状態の拳銃を発見したという。

 松本容疑者は暴力団関係者とみられる。同課によると「本物とは思わなかった」と供述しているという。同課などは鑑定を進め入手ルートの解明を急ぐ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧