地域ニュース

遺品を移設、林芙美子の功績に光 没後70年前に顕彰会設立へ

2020/6/14 8:01
遺品展示に向け、休館中の記念館を整理する商店街関係者たち

遺品展示に向け、休館中の記念館を整理する商店街関係者たち

 来年が没後70年になる尾道市ゆかりの作家、林芙美子(1903〜51年)をたたえる「おのみち林芙美子顕彰会」が今月、尾道駅前本町一番街商店街(尾道市土堂)の関係者らによって設立される。常設展示の場を失っていた遺品を市から借りて公開するなどし、芙美子の功績に改めてスポットを当てる。
(ここまで 140文字/記事全文 566文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧