• トップ >
  • >
  • 屈しない職員こそ住民の利益 山口県田布施町の「畳部屋異動」、公益通報者ネット代表に聞く

トピックス

屈しない職員こそ住民の利益 山口県田布施町の「畳部屋異動」、公益通報者ネット代表に聞く

2020/6/14 21:34

「圧力に屈せず告発することは組織を浄化し、住民のためになる」と話す串岡代表

 固定資産税の徴収ミスを内部告発した職員を1人だけの畳部屋に異動させた山口県田布施町。今月にパワハラを防止する法律の施行や改正公益通報者保護法が成立した中、役場には連日、抗議電話が殺到する。かつて運輸業界の闇カルテルを内部告発し通報者保護法制定のきっかけにもなった「公益通報者が守られる社会を!ネットワーク」の串岡弘昭代表(73)に問題点を聞いた。(堀晋也)
(ここまで 179文字/記事全文 1468文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事