地域ニュース

防災公園、支え合いの場 豪雨被災「大原ハイツ」に広島県熊野町が整備

2020/6/18
住民が防災公園の第1候補に選んだ団地入り口の広場

住民が防災公園の第1候補に選んだ団地入り口の広場

 2018年7月の西日本豪雨で12人が犠牲となった広島県熊野町の団地「大原ハイツ」に町が整備する防災公園について、住民たちは団地入り口にある広場を第1候補地に選んだ。16日夜、町が住民と開いた会合で決めた。公園は、土砂災害などの被災があった場合の復旧の拠点となるほか、住民の交流の場となる。
(ここまで 145文字/記事全文 639文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

防災の最新記事
一覧