• トップ >
  • >
  • 【クラスターとの闘い 障害者施設 見真学園の52日】<4>エール、非難の何十倍も

トピックス

【クラスターとの闘い 障害者施設 見真学園の52日】<4>エール、非難の何十倍も

2020/6/18

広島市東区の小学生から見真学園に寄せられた手作りマスク。激励の手紙が添えられていた(撮影・高橋洋史)

 ▽「届いた布マスク。眺めるだけで元気が湧く」

 「コロナにまけないで がんばってください」。便箋には幼い字で、そうつづられていた。差出人は「ひがしくしょうがくせい」。母親と一緒にこしらえたという愛らしい布マスクが、何枚も添えられていた。

【ダイジェスト】新型コロナウイルス感染拡大 危機の中の中国地方


 「使うのがもったいなくて。数枚、残してあるんです」。そっと手に取り、見真学園(広島市佐伯区)の施設責任者の男性職員(47)はほほ笑んだ。「眺めるだけで元気が湧きます」。写真に収め、同僚の携帯電話にも画像を一斉送信した。

 クラスター(感染者集団)の発生後、学園には激励の手紙やメール、電話が数え切れないほど寄せられた。防護服、消毒薬、飲み物…。物資も次々と届いた。「世間と隔絶された空間にいる私たちには、こういった温かい応援が何よりの励みでした」

 ■電話がやまず

 闘いが始まった当初はむしろ、逆風の方が強かった。4月14日、学園はホームページ上におわび文を掲載。感染の事実を自ら公表した。「社会的責任がある。覚悟を決めた」と、この男性職員は言う。しかし、その日から数日間、学園の電話はひっきりなしに鳴った。
(ここまで 502文字/記事全文 1535文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 学園の外壁につるした千羽鶴。利用者の胸に明かりをともす(撮影・高橋洋史)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事