• トップ >
  • >
  • 河井前法相夫妻逮捕、問われる首相の責任 発端は1億5000万円提供

トピックス

河井前法相夫妻逮捕、問われる首相の責任 発端は1億5000万円提供

2020/6/19 0:13

 前法相で衆院議員の河井克行容疑者(広島3区)と妻で参院議員の案里容疑者(参院広島)が公選法違反(買収)容疑で18日逮捕され、国会閉会を受けて仕切り直しを目指す安倍政権は大きな打撃を受けた。安倍晋三首相に近い元法務行政トップの選挙違反であり、夫妻へ自民党本部から提供された1億5千万円の資金との関係が問われている。「安倍1強」の陰りは鮮明となり、7年半に及ぶ長期政権のきしみを指摘する声も与野党から出ている。

 関連記事「特集 河井夫妻買収事件」

 逮捕の一報から約3時間後の18日午後6時。首相官邸で記者会見した安倍首相の表情は険しい。「かつて法相に任命した者として責任を痛感している」と陳謝した。だが、責任をどう取るかには触れなかった。

 首相はこれまでも克行容疑者を首相補佐官や党総裁外交特別補佐で遇した。その妻の案里容疑者を地元県連の頭越しに昨年7月の参院選広島選挙区(改選数2)に擁立。首相は秘書を送り込んで支援した。

 菅義偉官房長官も再三、応援に入った。菅氏は逮捕前の18日午前の記者会見で「私は重点区を中心に応援に行った」と述べ格段の肩入れを否定したが、克行容疑者は菅氏を慕う議員グループの世話人であり、額面通りには受け取れない。
(ここまで 518文字/記事全文 1162文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事