• トップ >
  • トピックス >
  • 安芸高田市長に抗議殺到、克行容疑者から60万円受け取りも続投表明

トピックス

安芸高田市長に抗議殺到、克行容疑者から60万円受け取りも続投表明

2020/6/27

頭を丸刈りにして安芸高田市議会の本会議に臨む児玉市長(手前)=6月26日

 参院議員の河井案里容疑者が初当選した昨年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、夫の河井克行容疑者から60万円を受け取った安芸高田市の児玉浩市長(57)への抗議が市に殺到していたことが27日、分かった。児玉市長は24日に現金の受け取りを認めた後、続投の意向を表明していた。

【表】実名で認めた広島県内の首長・地方議員と証言


 児玉市長によると、市への電話やメールは25、26両日で計約100件寄せられた。半数以上は批判的な意見や「辞めるべきだ」との内容だった。27日の件数は把握していないという。

 児玉市長は、案里容疑者の立候補決定後の昨年3月末と5月末に計2回、克行容疑者から30万円ずつ受け取った。当時は県議で、案里容疑者の陣営を巡る公選法違反疑惑が発覚した昨年10月末以降、現金の授受を否定していたが、今月24日に一転して現金の受け取りを明らかにした。26日には丸刈り姿で記者会見し、続投の意向を表明。市民の意見を進退の判断の材料にする考えも示した。

 買収疑惑を巡っては、150万円を受け取った三原市の天満祥典市長(73)が今月末での辞職を表明。20万円を受け取った広島県安芸太田町の小坂真治前町長(71)も4月に辞職した。

関連記事「特集 河井夫妻買収事件」

関連記事「元広島県議長・奥原氏は200万円受領 安芸高田市長60万円」

関連記事「安芸高田市長、丸刈りで続投の意向表明 克行容疑者から60万円受領 「市民の声聞き最終判断」」

関連記事「身内にも話さず/進退、市民の声聞く 児玉市長一問一答」

関連記事「参院選中も現金配る 河井前法相、強い買収意図か」

関連記事「【激震 前法相夫妻逮捕】個室で「家内を頼む」/トイレでポケットに 証言の元議員、罰金覚悟」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧