地域ニュース

レストハウス改修、建設時の趣 1日再オープン

2020/6/29
改修を終えて7月1日に再オープンするレストハウス(撮影・安部慶彦)

改修を終えて7月1日に再オープンするレストハウス(撮影・安部慶彦)

 平和記念公園(広島市中区)にあり、爆心地から南西約170メートルの至近にある被爆建物レストハウスが1日、改修を終えて再オープンする。観光案内所や休憩スペース、一帯の原爆被害を伝える展示室などを備え、国内外からの観光客を迎え入れる。

 鉄筋地上3階、地下1階建て。1階は観光案内や土産物の販売を手掛ける。2階は休憩・喫茶ホールとなり、19歳で被爆死した河本明子さんが愛用した被爆ピアノを常設展示する。

 3階は、今は平和記念公園となった旧中島地区の歴史を紹介。商店や住宅が密集した被爆前の様子を写真や模型で解説する。地下1階は、その場で被爆して奇跡的に助かった野村英三さんの手記などを展示する。

 市は耐震性の確保や機能の充実のため、レストハウスを2018年2月から休館し、改修を進めてきた。外装は1929年に大正屋呉服店として建設された当時に近い姿に戻すとして、薄いだいだい色に塗った。タイルなどは当初の部材を生かしたという。

 30日は関係者を招いた完成式と内覧会がある。市おもてなし推進担当は「レストハウスや平和記念公園の成り立ちをあらためて学べる施設になっている。観光客だけではなく、市民もぜひ訪れてほしい」と呼び掛けている。(明知隼二)

被爆ピアノ関連連載「平和を奏でる 明子さんのピアノ」

関連記事「タブレット端末で被爆前の街を体験 福山工高、アプリ制作」

関連記事「鎮魂の被爆ピアノ、平和公園レストハウスに搬入 7月1日再オープン」

関連記事「被爆ピアノ常設展示へ 平和記念公園レストハウス再開後、愛用の女子学生の生涯も紹介」


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧