地域ニュース

イカ産卵床づくりに成果 福山・内海の漁協青年部、沈めた枝に卵

2020/6/30
引き揚げた産卵床を確かめる兼田会長(左)たち

引き揚げた産卵床を確かめる兼田会長(左)たち

 福山市内海町の若手漁師でつくる田島漁協青年部が、木の枝を使ったイカの産卵床づくりを進めている。今年で4年目の取り組みでは、産み付けられた卵が増加。一方で産卵床の設置には人手が必要で、若手以外への活動の広がりも鍵になっている。
(ここまで 113文字/記事全文 501文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧