地域ニュース

【西日本豪雨2年】進む高齢化、避難法模索 江の川流域など311棟が浸水、感染防止が新たな課題

2020/7/4 10:00
西日本豪雨を振り返る避難訓練に取り組む今田会長(2019年7月)

西日本豪雨を振り返る避難訓練に取り組む今田会長(2019年7月)

 2018年7月の西日本豪雨で島根県内でも江の川流域を中心に311棟が浸水する被害が出てから、6日で2年となる。高齢化が進む中、災害時に身を守れる避難の在り方の模索が、官民で続く。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、避難所での予防策や避難先など新たな課題も迫る。
(ここまで 131文字/記事全文 776文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧