• トップ >
  • >
  • 広島県内12市町35地区で1772人減 西日本豪雨2年

トピックス

広島県内12市町35地区で1772人減 西日本豪雨2年

2020/7/5 23:08

 2018年7月の西日本豪雨で住民が犠牲になった広島県内の12市町35地区の人口が、この約2年間で計1772人(6・7%)減少したことが5日、中国新聞の集計で分かった。減少率は縮小傾向にあるものの、被災後に急減した各地区の人口が回復する兆しは見えない。
(ここまで 126文字/記事全文 924文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事