地域ニュース

中国放送の男性社員感染 新型コロナ、広島県内168人

2020/7/10

 中国放送(広島市中区)は10日、テレビ番組の制作に携わる50代の男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 同社によると、男性社員は5日に発熱し、自宅療養をしていったん解熱したが、9日に再び発熱。広島市内でPCR検査を受け、陽性と判明した。男性と接触のあった社員やスタッフたち複数人が自宅待機をしており、現段階で体調不良を訴える人はいないとしている。

 同社は「感染を拡大させることのないよう最大限に注意しながら放送を維持し、地域の方々に情報を届けられるよう努めていく」としている。

 広島県内での感染確認は累計168人。県内で感染者として公表されたのは今月に入って計4人となった。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧