地域ニュース

【ミニ解説】朱華園とは

2020/7/11 9:39

 朱華園 読みは「しゅうかえん」。1947年ごろ、檀上さんの父正儀さん(94年に78歳で死去)が屋台で創業。豚の背脂炒めが入ったしょうゆ味のスープと自家製の平打ち麺という独特の中華そばを編み出した。他店にも広がり、90年代以降はこうした中華そばが「尾道ラーメン」と呼ばれ全国区に。檀上さんは80年代から実質的な店主となり、尾道市十四日元町の本店のほか、福山市に支店も展開した。

 関連記事「尾道ラーメン新潮流 「朱華園」去って1年、味やメニューで勝負 新機軸の店も台頭」

 関連記事「尾道「朱華園」、最後のラーメンに長蛇の列」

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧