• トップ >
  • トピックス >
  • 「無事でいて」願い届かず 東広島崖崩れ、地域の担い手失い悲しみ広がる

トピックス

「無事でいて」願い届かず 東広島崖崩れ、地域の担い手失い悲しみ広がる

2020/7/15 23:29

 「無事でいて」という願いは届かなかった。東広島市河内町宇山の崖崩れで亡くなった倉兼千代子さん(84)と長男の茂実さん(55)は、周囲の人に親しまれる仲のいい親子だった。2人の死亡の知らせを受けて山あいの地域には15日、悲しみが広がった。

 14日早朝の発生後に始まった救助活動は難航した。市災害対策本部によると、到着した救助隊が茂実さんとみられる男性の声を確認。しかし、発生から約55分後に再び崩落が起き、連絡が取れなくなった。

 大きく傾いた家屋を重機で支え、中断を挟みながら続いた捜索。午後2時半には救助隊の「3回たたいて」という呼び掛けに、家の中で何かを3回たたくような音がしたという。生存を信じて救助作業が進んだが、15日未明までに2人の遺体が運び出された。

 「うそじゃろ」。知らせを受け、宇山地域センター長の坂田正広さん(74)は肩を落とした。14日、救助隊より先に現場へ駆け付け、土砂に埋もれて「苦しい」と漏らす茂実さんの手を握って励ました。「高齢化が進むこの地で、地域活動の担い手としても期待していた。寂しい」と悔やんだ。

 現場には15日、2人を知る人たちが訪れ、花を手向けていた。

 茂実さんは宅配会社に勤務し、ドライバーとして地域を駆け回っていた。数年前までブドウ農家を営んでいた近くの天野利子さん(86)は「出荷だけでなく顧客のクレーム対応までしてくれた。本当に親切だった」。手を合わせ、悼んだ。

 千代子さんは周囲の人たちにいつも優しい笑顔を見せ、カラオケサークルでは歌声を披露することもあったという。知人の50代女性は「家の前を通ると必ず手を振ってくれた」と振り返っていた。(堅次亮平、高橋寧々、山田祐)

関連記事「東広島の崖崩れ、親子2人死亡確認 1階部分で発見」

関連記事「東広島で裏山崩れ2人死亡 中国地方豪雨、島根で江の川氾濫【動画】」

関連記事「民家内から「助けて」 東広島でまた土砂災害、住民衝撃」

関連記事「避難勧告3時間遅れ 東広島市、情報見落とす」

関連記事「「バックウオーター」再び 島根西部・江の川支流、西日本豪雨の被災地【動画】」


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧