地域ニュース

重富寛(しげとみ・ゆたか) とりあえず生!(2016年7月22日掲載)

2020/7/16 9:30
重富寛さん(ビールスタンド重富店主=広島市)

重富寛さん(ビールスタンド重富店主=広島市)

 「とりあえずギャップ」をご存じですか。これは何げなく日常に存在し、あなたの人生を左右する重要な一瞬なのです。

 以前は「とりあえず生ビール」という言葉が嫌いでした。ビール注ぎとして時間をかけ準備し丁寧に注ぐのを、「とりあえず」と注文されることに苦笑い。「もう、とりあえずとは言わせない」と、ビールの地位向上のため5千年の歴史をひもとき、勉強しました。しかしすればするほど、「とりあえず」が魔法の言葉に感じ始めてきたのです。

 仕事を終えてこられたお客さまの約8割が生ビールを最初に注文されるそうです。メニューも見ずに「とりあえず生!」。この「とりあえず」の意味は考えるとこうなんでしょう。「この一杯のために仕事を頑張ってきたよ。夕方から水分補給もせずに。さあ、よく冷えたうまい生を、つまみはいいから大至急!」

 ただ、飲食店側から見るとこんなことも。「おい、今日入ったバイト、生ビールくらい注げるな。うーん、ジョッキはまだ冷えてないけど、まあいい。客が『とりあえず』と言っているんだ。適当にビール注いで出しておけ。俺は仕込みで忙しい」

 これが「とりあえずギャップ」です。お客さまの期待感と店の落差が大き過ぎますね。100メートル走のスタートでコケるようなもの。挽回には超人的な技量か、割引が必要です。ワインや日本酒、ウイスキーは「とりあえず」にはなりません。スタート=乾杯は、ビールにだけ与えられた役割なのです。

 大方がその夜、最初に飲むのがビールです。うまくなくては仕事の疲れも取れません。その蓄積が経済の停滞を招く小さくて大きな原因だ、とさえ考えるのです。

 とりあえずの生を最高のクオリティーで提供したい。きめ細かな泡と喉越しがストレスを吹き飛ばし、暮らしを豊かにするはず―。はかなく消えたバブル経済のようなものではなく、ビールの泡はずっと続く幸せを運ぶと信じ、今日もサーバーの前に立っています。(ビールスタンド重富店主=広島市)

【関連記事】映画で浸る日本の麦酒史 広島のビールスタンド店主重富さん、東京で上映会 ゆかりの地巡り制作(2019年2月2日掲載)

【関連記事】酒店でちょい飲み「広島角打ち学会」結成 7月11日を記念日に 市内3店舗が催し(2014年7月10日掲載)

【私の学び】重富酒店社長・ビールスタンド重富店主 重富寛さん おいしさ求め試行錯誤(2015年6月1日掲載)

【重富寛さんコラム】泡と人の向こう側<13> 嫌な出来事、洗い流そう(2017年12月29日掲載)

【重富寛さんコラム】泡と人の向こう側<14> ビール大学で魅力伝えたい(2018年1月19日掲載)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧