• トップ >
  • >
  • 河井夫妻離党1カ月 二階派に党内不満、案里被告特別会員で所属したまま

トピックス

河井夫妻離党1カ月 二階派に党内不満、案里被告特別会員で所属したまま

2020/7/16 22:55

二階派の会合であいさつする二階幹事長(中央)

 昨夏の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公選法違反の罪で起訴された前法相の河井克行被告(広島3区)と妻案里被告(参院広島)が自民党を離党して17日で1カ月。克行被告は無派閥だった一方、案里被告は二階派(志帥会)に特別会員で所属したままだ。連立を組む公明党が夫妻の議員辞職を求める中、自民党内から「なぜ派閥に抱え込んだままなのか」と不満の声が上がる。

 【特集】河井克行・案里夫妻 買収事件

 二階俊博幹事長は16日、自派閥の会合でマイクを握った。民主党政権で防衛副大臣を務め、昨年6月に自民党入りした長島昭久衆院議員の入会を決め、「仲間としてもり立てたい」と呼び掛けた。正会員は47人となり党内第4勢力の岸田派(宏池会)と肩を並べた。案里被告の離党以来だ。
(ここまで 330文字/記事全文 1020文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事